このエントリーをはてなブックマークに追加

K2 25巻発売記念 それは スーパードクターK~Doctor Kへ そして繋がっていく系譜  

まったく方向性が定まってない当ブログでございますが
本日はマンガネタであります
ドクターとある通り医療を扱った漫画で
1988年から週刊マガジンにて「スーパードクターK」として連載開始
そこからタイトルを一度「Doctor K」へと変更し1998年にて終了
少し時間を空け2004年から「K2」として新シリーズ開始

Kと呼ばれる伝説の医者の物語
どこからともなく現れ卓越したその医療技術に誰もが驚く謎の医者
筋骨隆々で常にマントを着用という医者に見えないその風貌
巨大な瓦礫を持ち上げる!(救助の為に)人をぶん殴る!(悪人を)
まるでヒーローのような展開w
従来の医療漫画とはちょっと違うこの漫画に連載当初から引き込まれてました
しかし現在でも続く長寿作品になるとは思いませんでした
やはり好きな作品がいつまでも楽しめるのは嬉しいですね
医療系という事で実際ではありえないような処もあるかと思います
漫画やドラマなどである以上はしかたないのでしょう
もちろん誤解を生むようにしてはいけないとは思いますが・・・

Kは一族として代々その医療技術と思想を受けついていく
しかし旧作の「Doctor K」で癌に侵され主人公のKAZUYAは居なくなる
そして「K2」でそのKを継ぐ男として神代一人が登場
新たなKの伝説となっていく
「K2」でもう一人重要な人物として黒須一也が居る
一也は前作から登場しているが実は前作の主人公KAZUYAのクローンなのである
「K2」では小学生で登場し一人からKを引き継ぐ者として指導を受ける
Kのクローンとして様々な思いを背負って苦悩しながらも成長し
現在では大学生となっている
エピソードも一人主体からほぼ同じくらいの比率で描かれるようになってきている
私個人的な話なのだが主人公以外の活躍が光る物語が好きだったりする
この作品もKの活躍が突出してはいるがそれ以外の人もしっかりと見せ場がある
一度だけでなく複数の話に出てくれるとおもわずニヤリとしてしまう
まして前作からの登場となると嬉しくてしかたがない
「K2」になってからは大垣、TETSU、柳川等出てきて旧作との繋がりを強く感じさせてくれた
そして今週発売された25巻と前回の24巻で一也はKAZUYAの事をより知る為にゆかりの人に会いにいく
旧作でも後半まったく出てなかった人たちがここで再登場
旧作第一話で救った双子の梨田兄弟
Kに憧れながらも思いを遂げられなかった七瀬
僧であり監察医でもある石動
Kの同期で薬剤のスペシャリスト香田
旧作の登場など作品の延命措置だろうなんて言われてるかもしれない
でも私にはそんなの関係ない
七瀬の今の姿は正直ショックな所もあったが
今の皆の状況が見れて素直に嬉しい
25の表紙をみて石動キター!とか心で叫んでたw
しかしここまで来たらぜひアノ人を絶対に出してほしい!
磨毛保則!
Kの登場人物でも屈指の変人w
真船先生ぜひお願いします!w
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

村雲流怒

Author:村雲流怒
肺がん、甲状腺がん、糖尿病と色々経験した結果いまの私があるのです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター1
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
Profile 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる