このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根にご一泊 芦ノ湖からガラスの森美術館へテキトーにぶらり旅行♪

ほぼ一カ月当あいてしまいましたが
今回ようやく箱根のお話ですw
大丈夫です忘れてませんヨ・・・たぶんw
リアルタイム風でお届けしますので
若干の違和感がw
各スポットについて軽めのご紹介なのも含めご了承ください
それでは本編へGO~
箱根CIMG0470

今回の箱根ははがっつり1泊で行っちゃいました~
改めて調べると箱根って結構見るとこ多いです
さて事前調査に考えた立ちよりスポットはこちら
芦ノ湖
箱根神社
箱根ロープウェイ
箱根ガラスの森美術館
本当はもっと見どころは沢山ありますがとりあえずという事で
相方の予定に合わせて戸塚を10時に出発
国1を西へ向かい西湘バイパスへ
さて実はまだどこから回るかは決めておらず
車中で会議
大平台の宿のチェックインは15時
天候も予定では夜から明日が雨に
それじゃあという事で
芦ノ湖と箱根神社を先に選択
すでに曇り空ですが箱根新道に入り芦ノ湖へ
箱根関所南でちょっとお散歩
懐かしの海賊船です
昔乗りましたね~
・・・たぶんw
海賊船は3隻でありそれぞれ色が違い名前がつけられてるんですね
箱根CIMG0464
赤のロワイヤルⅡ号、黒のビクトリー号

箱根CIMG0482
緑のバーサ号
今回は時間もあまりなかったので残念ですが乗船は無し

港近くのお店をぶらぶら
レストランやお土産屋と結構ありますね
中でもやっぱ寄木細工は箱根に来たって思えますね
でも一番気になったはこちらw
箱根CIMG0475
箱根CIMG0476
箱根CIMG0477
エヴァの舞台である第3新東京市はここなんですよね~
正確には今いる場所からちょうど芦ノ湖の反対側になりますが

再び車にのって芦ノ湖を北上
やってたのは箱根神社
こちらは初めてだったので
車を止める場所がよくわからず
目に入った駐車場へ止めて向かったのですが
もうっと中にちゃんとありましたw
日曜祭日ならともかく
平日なので余裕で停めれたのにw
箱根CIMG0483
まあせっかくなので多少歩くのも悪くないもの
あらためて箱根神社~
箱根CIMG0486
大きい鳥居をくぐると
林に割って階段があり神聖な雰囲気がただよっています
こちらの箱根神社は縁結びのお守りで結構有名ですね
今回よったのもそれがお目当て
という事で参拝の後に縁結びのお守りを購入
宿のチェックイン時間が迫ってきて
あまり境内を見る時間もなく箱根神社を後にします
いよいよ大平台の宿へ
せまい路地のような道に宿や温泉がならぶ
昔ながらの情緒あふれる場所
ちなみにるるぶで予約した1泊2食で8000円切る安さの宿「満天の星」
中々の古さを感じる佇まい
部屋のドアも鍵がちゃんとかかりますが蹴り一発でふっとびそうですw
お部屋は二階なのですが男子トイレは1階で男はちょっと不便w
中は狭めですがちゃんとテレビもあり2人くらいなら十分かなと思います
温泉は宿に2つと外のいくつかの温泉と自由には入れます
宿にある内湯は大きくは無い物の湯船はちゃんと石づくりのしっかりしてます
使用時は鍵をかけて基本貸し切り
家族で使えるのはいいですよね
今回は外にある露天風呂の「ふじの湯」さんに
こちらは貸し切りではないけど
結局他に人がおらずほぼ貸し切りでしたw
お食事は部屋で頂きます
正直宿の値段もありあまり期待してませんでした
たしかに目新しさは無いかもしれませんが普通にめちゃおいしかったです(*'▽')
朝食もですがおひつで来るご飯が美味しくて残したくなかったw
箱根CIMG0488
箱根CIMG0491



さてまったり朝を過ごした後は予定通り雨の中出発w
箱根ロープウェイ乗り場の早雲山へ
大抵の人は箱根登山鉄道から乗り換えが多いのかな
昨年は火山活動の影響から運休してましたが現在は通常運航へ戻ってます
私も随分久しぶりでちょっとテンション↑↑
しかもGWの平日という事もありゴンドラも貸し切り~
箱根CIMG0501
真っ白でなんも見えねえwww
大涌谷で降りるもやっぱり真っ白だwww
箱根CIMG0500
まあお土産屋見て回るだけでも楽しいけどね(*´з`)
黒たまごって5個入りからしか売ってないんですな
昔からそうだったっけ?
相方が5個入り買って1つ頂きますた
これで寿命が7年延長です
わたしにはとってはかなり重要w
真っ白でなんにも見えない大涌谷を後にして
姥子と桃源台と真っ白で何も見えないゴンドラで移動w
まあ結局お土産屋めぐりばかりですがw
真っ白なロープウェイを堪能し最後のスポット
ガラスの森美術館へ
雨の平日にもかかわらず
そこそこの賑やかさ
駐車場が入口をはさんで左右に
どちらからでも同じ距離で入れるのは面白い
美術館ですが中は庭園風になっていて結構広いです
箱根CIMG0530
箱根CIMG0535
箱根CIMG0523
施設間は外になるので雨の日でも動きやすいように
各入口に傘が沢山置いてあり自由に使えてすごく便利だった
期間限定でやっているヴェネチアン・グラス美術館は歴史あるベネチアのガラス工芸品が沢山
古い物から比較的新しい物まで色どり豊かな作品群が見られます
箱根CIMG0516
箱根CIMG0518
箱根CIMG0522
他にも現代ガラス美術館やアクセサリーを作れる体験工房なんかもあり見どころも豊富
ショップもガラス工芸品はもとよりジャムやメープルシロップもあったりお土産もバッチリ
箱根CIMG0528
こちらの写真にあるのがフード系のショップ

お昼はここのカフェ・レストランでと最初から決めてました
食べたのはボロネーゼ リガトーニ
リガトーニとは筒状の食べごたえのあるパスタ
お肉とよく合いますね~
デザートのパンナコッタもGOOD
こちらのカフェではイタリア人歌手によるカンツォーネ生演奏が聞けます
狙っていたわけではないですが丁度生演奏も聞くことが出来ラッキーでした
箱根CIMG0533

相方は翌日仕事なのであまり遅くならない内に帰路へ
帰り際には森のバウムと鈴廣にもちょっとだけ寄り道
帰りは小田原厚木道路から東名へ抜けるルート
ちょうど17時ごろ相方を無事送り届け
そんなこんなで2日の箱根旅は終わりとなりました
そしてその後の5月一杯ほとんど風邪でダウンというオチでしたw
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

村雲流怒

Author:村雲流怒
肺がん、甲状腺がん、糖尿病と色々経験した結果いまの私があるのです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター1
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
Profile 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる